学会誌

学会誌
Journal of the Japan Society of Culinary Technology Education

本学会は「調理技術教育学会誌」を年1回以上発行しています。
同学会誌へ日頃の研究成果を論文にして投稿することで、調理技術及び調理師養成教育の発展に寄与することができ、投稿者ご自身の業績にもなります(学会員は無料)。
ご購読、ご投稿をお待ちしています。

電子ジャーナルについて

「調理技術教育学会誌」掲載論文は、J-STAGEで電子ジャーナルとして公開されます。1年間は学会員のみに公開しています。
購読者番号、パスワードはメールでお知らせしています。バックナンバーもすべてJ-STAGEで公開しています。
ぜひご活用ください。



最新号(2021年Vol.3 No.2、Vol.3 No.1)の目次

目次中の●が付いた口頭発表・論文はJ-STAGEで公開されています。


調理技術教育学会誌Vol.3 No.2(2021年)第2回学術大会抄録集
[基調講演・パネルディスカッション]
◎調理技術は社会を映す。 君島佐和子、米田肇、生江史伸

[特別講演]
◎「だし」のおいしさの科学とデザイン 川崎寛也

[研修会]
◎これからのフードサービス業界に求められる食品安全マネジメント 大羽哲郎

[料理プレゼンテーションと考察] 
◎畑耕一郎、若林知人

[ジビエ料理セミナー]
◎持続可能性を考慮した国産ジビエ料理の提案 山田研、村島弘樹、永田智大、船渡兼市

[研究発表・口頭発表(代表発表者)]
●レストランサービス技能検定3級受験に向けての指導について 森島孝文
●行動変容を起こすための教育効果に関する研究 加藤久
●水産資源を再利用した減塩レシピ開発と食育への取り組み 古本美栄
●3Dプリント技術を用いた食品の製造に関する考察 宮武茉子
●冷凍魚の解凍方法の違いによる臭みの除去 三和颯悌
●アフターコロナにおける継続的な調理技術教育の検討 角嘉久
●ジビエ肉の真空低温調理について 秋元真一郎
●分子料理の技法(球体形成)への提言 中村哲

[研究発表・ポスター発表(代表発表者) ]
◎代用プロテインを使用したメレンゲの活用方法 佐々木雄市
◎茶ぶりナマコの作り方の提案 小川健
◎器の形状と日本酒の官能評価に関する一考察 服部勝人
◎世界が認める伝統食材「TOFU・YUBA・OKARA」の可能性~栄養・環境・経済の好循環を目指して~ 池谷玲奈
◎教えない授業 ~アクティブラーニングとペアワークを取り入れ学生の自主性を高める工夫を取り入れた~ 安場昌子
◎【食】から未来を変える SDGs教育の取り組み 吉川喜美子
◎若い世代を対象とした「おはぎ」の嗜好に関する意識 橋本まさ子
◎大量調理におけるジビエ料理の検討 山片良
◎食品ロス削減のための一考察 〜食品ロスをパスタ麺に!〜 遠藤さくら

調理技術教育学会誌Vol.3 No.1(2021年)
[論文]
●専門学校生の生活・食習慣と調理に関する知識と技術の習得状況「~調理師養成校の調理実習を通して~」 加藤 久
●「炒法」と「爆法」の相違に関する考察 山中一男